2021.6.30                

ヒアルロン酸を使って製造する化粧品の基礎知識と事例まとめ

ヒアルロン酸を使って製造する化粧品の基礎知識と事例まとめ

ヒアルロン酸の美容効果とは?

ヒアルロン酸にはどんな効果があるの?

ヒアルロン酸を配合した化粧品について知りたい

ヒアルロン酸の役割

ヒアルロン酸の役割

美容成分として有名なヒアルロン酸ですが、私たち人間の皮膚にも存在しています。
ヒアルロン酸は体の中の細胞と細胞の間に存在し、水分保持やクッションのような役割を担ています。
また、人間の皮膚は、表面から表皮、真皮、皮下組織の順に3層構造になっており、
ヒアルロン酸は真皮に含まれている成分です。
ヒアルロン酸が多く含まれている肌は、水分が十分保たれ、肌の表面も潤っていますが、
ヒアルロン酸が減少すると、水分が少なくなり、肌のハリが無くなるだけでなく、肌表面も乾燥しやすくなります。
皮膚以外にも関節や目の硝子体に多く含まれ、緩衝作用などを担っています。
ヒアルロン酸は化粧水や、クリーム等の化粧品だけでなく、医薬品や医療機器にも使われている成分です。

ヒアルロン酸を使って製造する化粧品の効果

ヒアルロン酸を使って製造する化粧品の効果

ヒアルロン酸自体はゼリー状で、1グラムあたり6リットルもの保水力があり、
水分と結びついて肌を乾燥から守る役割のほか、真皮内に網目状に張り巡らされているコラーゲンの隙間を満たして、肌のハリや弾力を生み出します。
化粧水などの化粧品に含まれるヒアルロン酸は、肌の表皮の上に留まって肌のうるおいをキープし、小じわの予防や改善、肌のバリア機能の改善とターンオーバーの正常化をサポートします。

ヒアルロン酸入り化粧品の特徴

ヒアルロン酸入り化粧品の特徴

ヒアルロン酸は化粧水からクリームまで様々な化粧品に配合されています。
ここではヒアルロン酸を配合した化粧品の特徴を説明します。

特徴1:肌の潤いを保つ

ヒアルロン酸入りの化粧品を使って肌の表面からヒアルロン酸を補うことにより、
肌表面の角質層を保護し、潤いを保ってくれます。
また、ヒアルロン酸には水分を集めて肌表面にとどめてくれる作用がある為、肌のバリア機能向上にも繋がります。

特徴2:肌質問わずに使いやすい

ヒアルロン酸はもともと人間の体に備わっている成分であるため、敏感肌の方でも比較的使いやすい成分です。
肌質を問わず使用することができるため、保湿成分として様々な化粧品に配合されています。

特徴3:肌なじみがい良い

ヒアルロン酸入りの化粧品は肌になじみやすいため、使用感が良いです。
油使分とは異なる感触のしっとり感があります。

化粧品製造で使うヒアルロン酸の種類

化粧品製造で使うヒアルロン酸の種類

化粧品に配合されるヒアルロン酸は1種類だけではなく、いくつか種類があります。
ここではよく使われる3種のヒアルロン酸の特徴を紹介します。

ヒアルロン酸ナトリウム

水に溶けやすく、高い保湿力がある。
角質層に浸透せず、肌表面に留まり保湿効果を発揮します。
多くの化粧品に使用されており、他の保湿成分(セラミドやプロテオグリカンなど)と組み合わせることで、より高い保湿効果を発揮します。

加水分解ヒアルロン酸

浸透型のヒアルロン酸と呼ばれており、角質層に浸透して、肌の内側から保湿します。

アセチルヒアルロン酸ナトリウム

アセチル基の付加でヒアルロン酸をパワーアップさせ、水分保持力と角質吸着力を向上させたものです。
アセチル期の効果により、肌への吸着持続性が発揮され、角質柔軟効果が期待できます。

ヒアルロン酸を配合した化粧品製造の事例

ヒアルロン酸を配合した化粧品製造の事例

次にヒアルロン酸を配合した化粧品製造の事例を2つご紹介します。

ヒアルロン酸美容液

保湿力に特化した美容液の事例です。
保湿効果を高めるため、ヒアルロン酸に加えて、セラミド、コラーゲン、エラスチンを配合しました。
ヒアルロン酸と一緒に、セラミド、コラーゲン、エラスチンを配合することでヒアルロン酸の保湿作用に相乗効果をもたらします。
テクスチャーは重めで塗った後にしっとり感が残り、
40代以降の乾燥によるたるみや小じわが気になり始めた方から好評です。

ヒアルロン酸ニードルパッチ

角質層までヒアルロン酸を届けるニードルパッチの事例です。
ヒアルロン酸を細かい針状に形成し、お肌に貼った瞬間からヒアルロン酸でできた針が徐々に溶け出し、角質層に浸透します。主に乾燥による小じわにアプローチできる美容アイテムで、目元や口元のケアに適しています。直接美容成分を刺して角質層に入れ込むので、化粧水や美容液を塗るだけより効率的にケアできて、即効性があると注目のアイテムです。

まとめ

まとめ

ヒアルロン酸には保湿効果やバリア機能を高める効果があり、美肌作りには欠かせない成分として様々な化粧品に配合されています。
同じヒアルロン酸でも肌表面に留まるものや、肌に浸透しやすいものなどいくつか種類がある為、目的に応じて使い分けるのがおすすめです。
ヒアルロン酸は配合した化粧品を検討されている方の参考になれば幸いです。

化粧品OEM資料をダウンロードする

化粧品OEMラボ

詳しく見る

お問い合わせはこちらまで

インターネットでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5549-1080 (受付時間 平日 9:00-17:00)