2021.3.1                

メンズコスメのOEMを総まとめ!レディースとの違い・化粧品の種類・流れ

メンズコスメのOEMを総まとめ!レディースとの違い・化粧品の種類・流れ
メンズコスメを売りたいけど始め方がわからない
OEMで化粧品を作る際に男性と女性でコスメに違いはあるの
OEMでメンズコスメを製造する一連の流れはどうなっているの

メンズコスメのOEM製造を検討し始めると、わからなかったり、情報が少ないという状況がよくあります。

本記事では、化粧品のOEM製造のプロである株式会社OEMが、初めて検討する方でもわかりやすいように「メンズコスメのOEM」について解説しました。

メンズコスメOEMとは?レディースとの違いは?

メンズコスメOEMとは?レディースとの違いは?
メンズコスメのOEMとは、男性用の化粧品を外部の製造会社に委託して製造することです。

コスメというと女性が使うものというイメージがある人もいるかと思いますが、最近は、若者を中心に美容に関心がある男性の方も増えています。

「メンズコスメ」のOEMを検討する際には、男女の ”体質”を理解することがポイントです。

商品を製造する際に、メンズコスメに向いてる成分を配合することで、商品に売りを作ることができます。

特に、メンズとレディースで大きな違いがあるのが『肌質』です。

具体的に、男性の場合は、女性よりも皮膚が厚く、皮脂分泌が多い傾向にあり、水分量は女性に比べると少ないです。さらに体質上の関係で女性と比べ水分蒸散量は2倍以上に及びます。

また男性の場合は、スキンケアに対する意識が低いため、お手入れ不足による肌トラブルも発生しやいです。

男性の場合、他にも肌のトラブルが多い要因として「ひげそり」や「紫外線」というのもあげられます。

女性の場合は、男性よりも皮膚が薄く、皮脂分泌が少ない傾向にあり、水分量は男性に比べると多いです。さらに体質上の関係で男性と比べ水分蒸散量は1/2倍以上に及びます。

メンズコスメOEMの種類

メンズコスメOEMの種類
メンズコスメのOEMでは、実際にどういう種類の化粧品を製造できるのでしょうか。

ここでは、メンズコスメとして人気のある化粧品の種類をご紹介します。

スキンケア製品

男性は肌の多く、スキンケア製品は人気の高い化粧品の種類です。男性向けの化粧水 、乳液だではなく、美容液やフェイスマスクといったものもあります。

ヘアケア&スカルプケア製品

男性は、薄毛など頭皮に関する悩みも多いため、ヘアケア&スカルプケア製品も人気の高い化粧品の種類です。アミノ酸を主体としたシャンプー・リンス等ヘアケア製品や医薬部外品を中心とした頭皮ケア製品、薬用育毛剤、シャンプー 等があります。

ボディケア製品

体に関係するボディケア商品も、男性向けに人気です。全身シャンプーのボディケア製品や、古い角質をケアする製品、目が疲労した際のケアなどまでさまざまな商品があります。

メンズコスメOEM製造の流れ

メンズコスメOEM製造の流れ
メンズコスメOEMの一連の流れをご紹介します。

1.要望の確認と提案

どういう商品を作りたいのかOEM会社へ遠慮せずに、明確なリクエストを出しましょう。

製造の際には『成分・使用感・テクスチャ・香り等』を決めなければならない項目が多くあります。

効能効果、アンチエイジング(抗老化)や抗酸化やナノテクノロジーなど、どのような効果を発揮したいかによって、成分も大きく変わってきます。容器のデザインも塗り心地に関わるため非常に重要です。

どのような商品を作りたいか、できるだけ具体的に話をしましょう。

OEM会社からは市場からのニーズ、時代の傾向を踏まえた提案を行います。

要望を満たすだけでは、市場では売れない可能性もあるからです。

OEM会社はできるだけ要望を叶えることを第一としながら、「売れる」観点を取り入れた提案をしていきます。

2.試作品の製造・評価

OEM会社からの提案でお互い合意した内容を元に、原料の選定を行います。

クライアントが希望している容量、中身がきちんと吐出できるか、温度の変化によって、 中身に変化が起こらないか等、試験を行い試作品を開発します。

製造した試作品に対してクライアントが気に入らなかった場合、 再試作を行います。

納得してもらうまで試作を繰り返すことはもちろん、実際に商品を使用する顧客が安心・安全に使用できるよう保存効力試験、容器試験なども行います。

安心性評価・安定性評価を入念に行った上で、試作品が完成します。

3.処方決定

繰り返し試作を経て、クライアントに評価してもらった後処方を決定します。

4.見積

試作品の開発が終わり、処方が確定したあとは、正式に見積りを出します。

見積額決定を決定する要素には、製品ロット数、原料の容量、納品場所、そして容器、デザインなどが含まれます。ロット数が多くなれば、商品1個あたりの単価は下がる傾向です。

5.製造

製品仕様も決まり契約合意した後、いよいよ製造が始まります。

製造は、発注書・仕様規格書等を元にクライアントと納期決め、製造を行います。

製造後は、品質に問題がないか、試作段階以上に厳しくチェックを行います。また、薬事法等に沿った化粧品の製造、納品に必要な手続きも行います。

まとめ

まとめ
本記事では、メンズコスメのOEMについてまとめて解説をしました。

メンズとレディースの体質の違いなど、メンズコスメOEMを始める際に知っておくべき情報はたくさんあります。

当社では、化粧品OEMに特化した企業として、その経験を活かしてメンズコスメの製造についても相談に乗っております。

お問い合わせ

 

化粧品OEM資料をダウンロードする

化粧品OEMラボ

詳しく見る

お問い合わせはこちらまで

インターネットでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5549-1080 (受付時間 平日 9:00-17:00)